やまだのむらの二人芝居

「ギラギラBOXと東京」

 

日程

2019年3月9日(土)-3月11日(月)

 

脚本/演出

白坂英晃(はらぺこペンギン!)

 

出演

山田健太郎、野村亮太

 

会場

イズモギャラリー

東京都新宿区 喜久井町29-12 art BLD

東西線「早稲田駅」2番出口から徒歩6分

大江戸線「牛込柳町駅」東口から徒歩7分

 

料金

前売り、当日:2000円

口コミ割:受付にて、当日中に公演の感想をSNS等でつぶやくと「口約束」していただければ、その場で200円引き

 

タイムテーブル

3/9(土)16:00/21:00

3/10(日)12:00/16:00/19:00

3/11(日)14:00/17:00

 

スタッフ

当日運営:佐伯凛果(アガリスクエンターテイメント)

 

あらすじ

ギラギラBOX

ギラギラしたウェブサイトのギラギラしたアレをクリックしたら届いたアレ。

心を癒すアレを期待してたのに、今、目の前にいるのは汗ばんだおっさん。

しかも、とてもギラギラしている。返品すべきか、それとも…。

 

東京

東京の片隅で、ずっと行われていた、誤解のやり取り。

誤解だと分かっていても彼らは決してその手を止めることをしなかった。

気がついたら時は流れて…。

 

 

男二人、ギラギラした東京で起こる、不思議な2本の物語。

 

予約

https://www.quartet-online.net/ticket/gira-tokyo




ちょっと具体的なあらすじ
「ギラギラBOX」

スグル(野村亮太)の家に待ちに待ったラブドール「カスミちゃん」が届いた。

しかし、開封すると入っていたのは、おっさん(山田健太郎)。

しかもこのおっさんどうやら喋る。

弾みそうで弾まない会話を繰り広げる二人。

最後は少しホロリとしちゃうコメディ作品。

 

「東京」

 

安村(山田健太郎)の勤める中学校に、スエナガ(野村亮太)という刑事が訪ねてくる。

どうやら同郷の友人乃木マサルの情報を求めているらしい。

刑事の話によると彼は詐欺師であると。

 

証言と記憶から乃木マサルという男の真実を探していく。

 

みどころ
「ギラギラBOX」

 

仕様上の都合で、おっさん(山田健太郎)は同じ言葉を何度も繰り返す。

スグル(野村亮太)はイラつきながらおっさんと接する中で、ある事実に気がつきます。

そして、おっさんが繰り返していた言葉が物語にとって重要な意味を持っていることに気づく、

という記憶と感情の物語。

 

何度も繰り返されて、かつ無機質に感じた、「とある言葉」の印象がガラリと変わる瞬間がとても素敵です。

 

「人を想う」という事の素敵さを伝えてくれる作品です。

 

「東京」

 

証言と記憶から乃木マサルという男の真実を探していく、とあるように、

乃木マサルはもちろん、色々な人物の証言を元に乃木マサルを追っていくお話です。

しかし、今回は二人芝居なので、安村以外の全ての役を野村が演じるという意欲作です。

 

 

生き方を間違えてしまった男が、それでも大切にしたかったことって一体なんなのか。そしてそれを知った、友人である安村は一体なにを思い、どう行動するのか。人が人を繋いでいく作品です。