【2/3更新】村興し公演「興」B「朗読劇」アンケート公開

こんにちは。

野村です。

 

村興し公演「興」ご来場いただきまことにありがとうございます。

やまだのむらでは、アンケート用紙にある設問

 

このアンケートに記入いただいた、感想等をHPや、SNS等で公開してもいいですか?

 

に、「はい」と答えていただいた方の感想等を公開いたします。

 

一部ネタバレもあるので、少しだけ手を加えさせていただき、できるだけ観劇前の方も楽しんでいただけるようにいたしますが、事前に情報を入れたくない方は、観劇後に公演を振り返る際にご覧頂ければと思います。

 

【2/3追記】

ネタバレ含めて全文公開いたします。

 

観劇検討中の方や、公演を振り返る方、他の方がどう感じたのかを読んでみたい、そういった方に少しでもお役立ていただければと思います。

 

 

 


感想


B「朗読劇」

脚本:國吉咲貴(くによし組)

演出:春陽漁介(劇団5454)

 

出演者:

野村亮太

柏谷翔子

手塚けだま

末永全

萩原深雪 

島林瑞樹

 

 

1/19(木) 20:00-

アンケート回収率 38%

 

今回の企画をどう思ったか、気になったこと、作品の感想などご自由にお書きください。

 

  • 企画の詳細はよくわからないような・・おもしろそうなような・・・。脚本がすごく良かったと思います。皆リアルで上手かった。楽しいお芝居で来て良かったです。名前のつけ方もおもしろい。皆が持っている台紙の色と衣装の色も

  • 昨日も観たのですが、脚本・演出・役者さんの素晴らしさに驚きました。2作品観る事を強くおススメいたします。

  • おもしろかったです。想像を超えて最後まで楽しめました。観終わった後も結局はどうなるんだろうと考えさせてもらえる劇でした。

  • 面白かったです。

  • 面白い企画だと思いました。(2作品とも観る事ができたらもっと深く楽しめるなと)ありがとうございました。

 

 

1/21(土) 13:00-

アンケート回収率 70%

 

今回の企画をどう思ったか、気になったこと、作品の感想などご自由にお書きください。

 

  • 谷野さんのくるっと回ってはしゃぐ姿がかわいかったです。突然の宇宙人出現には多少「マジか!」という思いがありがしたが、台詞の言い方や動きを含めて世界観とともに考えると、しっくりきました。シャマ林山、あつい水、NASAのせい、けだまさんの肘と膝の動きが面白かったです。
  • 最後の5分で泣きそうになった。いままで見たことない世界だった。
  • 途中からどんどん見方が変わって来ました。とっても深い話だと思いました。次回も観たいと思います!
  • 記憶こそがその人そのものだということを改めて感じました。もし自分が記憶をなくすことになり、かつ、そのことすら分からなくなっていくとしたら、何ができるのかな。何を感じて生きて行くのかな・・・

  • あまり同じ台詞の使い回しは良くないかも。まだまだ成長できると思います。もう少しテンポよくスピード感があれば(多少長かったかも)と思いました。
  • 最初は「デジャビュ」としか思えない内容が、最初は笑って済ませられることが、だんだん繰り返されて行くうちに、笑って済ませないことに変わっていく。こう言っても伝わらないと思うが、考えさせられるテーマが入っていて面白い。今はありえないかもしれないが、時代が進めば有り得る話になるかもしれない。
  • 舞台背景の非現実さと、テーマの現実さの組み合わせが巧みで、とても面白いと思いました。(宇宙人とかも!)私もホント、怖いんです、アノことが・・。「NASAの手先め!」が好きでした!
  • 若返りの薬をのんで年をとっていくことを理解できない老人たち。なんて面白い発想でしょう。繰り返される日常、ある意味私たちの日常です。平和な世界ということでしょうか。わかることのない人たち。それをわかっている人達の葛藤が対比されていて、本当に最後まで見入ってしまいました。役者の皆様お疲れ様でした。繰り返すことの難しさがあると思います。これからも頑張ってください。
  • 前回の末永さんの舞台がとても好きでしたので、今回も観劇させていただきました。記憶なんてものはとても曖昧で、そう思ってしまったら、それはもう自分というものになってしまう。若さはいつまでも求めていたいもの。その二つがとても上手く結びついた作品だったと思います。観てるだけで心がしめつけられる想い。それを表現できる役者さん。この舞台を作り上げた演出のみなさん。そして脚本。とても素晴らしかったです。すてきな時間をありがとうございました。
  • 今、この瞬間をいつか忘れる時がくる。自分を知っていられることがどれほど尊いことか。泣いたり、笑ったり、怒ったり、喜んだり、その理由すら忘れてしまう日が・・・。だから、今を精一杯生きたいと思いました。本当に素晴らしかった。今、笑っている父への想いと重なりました。たくさんの方に観ていただきたい。
  • くによし組の作品を初めて違う方の演出で観て、泣いて笑える作品が更に大きくなって感動!!両方共観たい!と思ったけれど、割引があったらもっともっとお客さん増えるのにー、とパンフを観た時に思ったことが実現して嬉しい限りです。両方とも良かったです。皆さんに両方共観て欲しいです。 
  • 春陽さんが好きで今回観に来ました。「やまだのむら」は初めてです。Aも観ます。はじめは何やらコメディなのかと思いきや、これ怖いやつだと気がついてからとても引き込まれました。観だして5分で演技力が足りないチームかと思いきや後になって、そういう演技だと分かって、おーー!なかなか素敵!!私は40超えてるので時々死ぬことを考えます。あんな死に方やだなってすごく悲しくなりました。宇宙人の彼はLを意識してたのでしょうか?よかったです。トイレで転んだ彼女大好きになりました。今度別の役も観に行きたいです。行きます!ショウコさんが野村田さんを大好きって飛び跳ねれたのがすごくキュートでした。野村田さんの演技力はとってもすごいですね。陳腐な表現しかできませんが、とにかくとても良かったです。すげえ良かったです。そうだ!宇宙人の彼はすごくイケメンなのに、あえて背中を向けさせたのは、粋な春陽さんの演出なのかしら。観終わってから最初からまた観たいと思いました。春陽さんはもう演者はやらないのかな。観たいです。三谷さんの演技が観られないのと同じですよね。詳しくないので、わかりません。書き終えて気がつきました。役者の方の名前にちなんでるんですね。旗揚げだったんですね。それも今気づきました。やまだのむら!素敵だと思います。 

 

1/22(日) 18:00-

アンケート回収率 84%

 

今回の企画をどう思ったか、気になったこと、作品の感想などご自由にお書きください。

 

  • とても良かったです。SFな感じで、続きがどうなるか気になりました。でも近い未来にありえそうで、ちょっと怖い感じもしますね。

  • ステージというものや舞台がなくても、体と心一つで魅せられる脚本だなーと。次回も楽しみです。

  • 悲しい。ほんとに悲しくて、どうしたらいいかわからなくなった。A,Bの話は繋がってる?と思いました。両方観れて本当によかった。A,Bどちらもおもしろかったです。

  • ゆきみは現実世界にいる嫌な女だと思うからどんどん嫌な感じを出してほしい。しょうこの服がボロくて良かった。(雰囲気が出ていた。靴下の裏やカーディガンの穴など)前山氏の声だけ大きかったので(あえてなのかもしれないが)他と合わせるか、もう少しおさえても良かったと思う。Bは全体を通して音楽の使い方がとても心地よくて、場面ごとに頭に残った。AとB公演は別の客入れでもいいと思う(スカパラ)
  • 役者が近くて臨場感があった。どんどん話がかみ合わなくてこじれていく流れが自然でゾッとさせられた。自分が自分でなくなることへの恐怖を感じた。
  • 面白かったです!同じシーンなのに最初と中間、最後で感じ方が変わる。役者さんも素敵な方ばかりだし、この狭い中で限られた照明の中、最高の空間を作ってたと思います。音楽もいい。Aチームと両方見るのがオススメですね。テーマが一緒というわけじゃないけど、観終わった時に両方同じことを考えてしまいます。ほんと面白かった!
  • くによし組では絶対に見れないであろう、濃厚な演出で面白かったです。祖父が去年90を超え、いよいよ目に見えて繰り返しや、かみ合わない会話が増えてきました。外見と比例する老い救済でもあるのだな、などと思いつつ。
  • 面白かったです。老人ホームで働いていたので、ちょっと懐かしかったです。
  • すごくすごく考えさせられる舞台でした。ただただ繰り返されるだけだけど、切なくてとても深いストーリーだなと。
  • 劇団5454が好きで観に来ました。脚本家さんが変わっても、春陽さんのカラーが出ているように感じました。個々のキャラの出しかたや会話の間合い、ユーモラス、葛藤を抱える。途中頭がおかしくなりそうになりました。あ、島林山はLかと思いました(笑) Aも是非観て観たい。Bを観て、春陽さんを感じたが、Aでも(脚本のみで別演出)春陽さんを感じるのか、気になる。皆の会話中の野村田と島林山の感情がなんとも言えなかった。あー名前がややこしい(笑)何度もパンフを見て確認してしまった(笑) 年をとってきて、30歳目前。見た目の老いを気にする年頃。でも自分がわからなくなることもこわいなあとしょう子を見て思った。しょう子の夢ステキ。家族と年を重ねていくことを幸せに感じたい。毛田丸さんのマシュマロほおばるところ好き。

 

1/23(月) 14:00-

アンケート回収率 70%

 

今回の企画をどう思ったか、気になったこと、作品の感想などご自由にお書きください。

 

  • すごくおもしろかったです。エピジェネティクスや若返りの研究が進んでいる今の時代に沿ったテーマで、作家さんのアンテナとセンスが素晴らしいなと思いました。役者のみなさんも、説得力のある演技で最初から最後まで興味深く見られました。
  • ビューティフルドリーマーみたいと思ったけれど、もっとずっと残酷な話だった。怖かった。毎年正月に祖父が入っている施設にお見舞いに行って、祖父が家に帰れない理由をごまかしていることを思い出した。
  • とても面白かったです。はじめ同じことを何度も言っている、そのことが本当はとても大事なこと、人間らしいこと、尊んでいくべきこと。認知症はすばらしいことではないか、とおもえました 。認知症の方、その家族に見て欲しいと思いました。難しいテーマをこういう形で表現してくださり、人のすべての状況が、尊いことをかんじさせてくれました。
  • とても深い内容だと思いました。初めは同じ繰り返しがどうなるのかと思っていましたが、後半からのくだりにとても考えさせられました。高齢化社会のこの時代、私も仕事をしていて何度も何度も同じ話をする方とかがいらっしゃって、本当に深いなあと思いました。良かったです。
  • 空気が不気味に見えてきた。「50回目のファーストキス」「君によむ物語」的な胸キュンかと予想していましたが、良い意味で期待を裏切られました。シャマ林山さんがwifiを良い感じに放ってました。
  • 新しい芝居のかたちだなと思いました。一人一人個性があって楽しくみることができました。けだまるさんがすごく面白かったです。野村田さんの前半と後半の感情の違いが物語に拍車をかけてきて楽しかったです。島林山さんと前山さんのHotな水の所すごく好きです。
  • もう一つの作品をまだ拝見していないので、まだちゃんとした感想をかけません。それくらいもう一つの作品も気になります。異なる畑の作家さんと演出家さんが交わった時、特別とも言える力を感じられたと思いました。
  • まだもう一方の公演をみていないのですが、2つ観て企画の意図が伝わるような作りになっているのかなと思います。作・演の方々の舞台を拝見したことがないので、どこまで「らしさ」が出ているのかわからなくて少し悔しい。作品の状況設定が好きでした。色々な出来事を起こし甲斐がありそう。
  • 正直あんまり・・という感じでした。もうちょっと生の人間がいる感じが欲しかったです。独白も、もう少しお客さんに話しかける感じが欲しかったというか。ハキハキとした発語はいらないです。この狭い劇場では。台本と少しくらい言い回しが違ってもいいから、もっと生っぽさを。そこに人が居る感じを。もっと。リフレインもちょっとくどかったです。頑張ってください。

  • 朗読劇を観させていただきました。先に進めば進むほど、感心していく、面白いとおもいました。何気ない日常でとても楽しい雰囲気がかえって辛く感じました。内容もそうですが、出演者皆様のそれぞれの思いが、強く伝わってきました。もう一度観たくなる、そんな作品です。

  • スタートからラストまで目が離せませんでした。それぞれのキャラクターに共感し、最後まで本当に楽しかった。役者みなさんが出演されている作品、みんな観たい、そう思いました。

 

 

1/24(火) 20:00-

アンケート回収率 39%

 

今回の企画をどう思ったか、気になったこと、作品の感想などご自由にお書きください。

 

  • なんかとっても考えさせられました。私にはもうすぐ80歳になる祖母がいて、年々体が悪くなっています。心はまだまだ元気でいてほしいです。お芝居が終わったあと、私の心にもモヤモヤが残って不思議な気持ちになりました。良い時間を過ごしました。ありがとうございました!
  • これほどつらいことはないなと。物語を通して観て思いました。役者とキャラクターが合っていたので違和感なくお話に集中でき良かったです。Aも楽しみにしています。
  • 後味の悪さが好き(笑)
  • 素晴らしく面白かった。「人間ドラマ」と「生のエネルギー」の強さを感じる媒体として面白い演劇はたくさん触れたが、「演劇」としてここまでおもしろかったのは久々だ。人間の尊厳というか。そのすがりつくものか。「人を好き」というのも、ロマンチックで好きだ。これからも期待。
  • 非常に良かったと思います。皆様のはきはきとした演技に感動しました。また観にきさせて頂きます。
  • 楽しかったです!ラストは切ない気持ちになりましたが、まだみてない方にはみて欲しいです。
  • 正直序盤はヒヤヒヤしてましたが、途中から引き込まれました。見事な脚本構成でした。皆様お疲れ様です。客入れ、出しも含めて選曲が好きでした。

 

1/26(木) 20:00-

アンケート回収率 39%

 

今回の企画をどう思ったか、気になったこと、作品の感想などご自由にお書きください。

 

  • 切なかった。おばが認知症なので、おばと話している気持ちを思い出しました。気付かないまま、忘れていってしまうのは悲しいです・・・。
  • 村興しおめでとうございます。楽しい話かと思えば、とても悲しくなりました。悲しいなあ。
  • すごく!すごく!!すっごく!!!面白かったです!とにかく、作った人、演じている人みなさんがすごすぎると思いました。衝撃的でした!ありがとうございました!もう一つのほうも見たくなりました。
  • とてもすごい朗読劇だというからどんな展開になるのだろうと思っていたらすごい内容だった。想像をはるかに越えた展開、将来の少子化、老人の多い世の中を考えさせる劇だった。演じている役者さんたちも、何回も何回も同じフレーズでわけがわからなくなるのでは、いらぬ心配をしている。実の母が弱いアルツハイマーになっている。母も若い頃のままになり、死んでいくのだろうか。とにかく感動しました。

 

1/27(金) 20:00-

アンケート回収率 39%

 

今回の企画をどう思ったか、気になったこと、作品の感想などご自由にお書きください。

 

  • モノローグ×同じループで、ぽわ~んとしてたら、まさかの設定にびっくりでした。もう少しタネ明かし早く見たかったかも。小さな違和感が溜まって言って、客席が不安でいっぱいになったところにタネ明かしがあると最高なんだけど、あまり不安にならず。場内暖かったです。明日から気温高いので涼しくて良かった。
  • 心に何かが残る作品なのだけど、言葉にするのが難しい。AチームとBチームともに繰り返す。しかし少しずつ変化があるという共通点がありました。
  • Bチームの公演、2回目を観劇させていただきました。内容が分かってる中で改めて観ることで、あぁ、ここがこうなって繋がってるんだなとという点を多々見られ、1回目とは違う面白さがあり、とても感心しました。野村田の追い詰められてる中での、笑みにこちらも苦しくなり、涙が出てきました。とても素晴らしい公演で、まだ何回でも見たいと思いました。
  • 本日で2回目になります。自分にとって少し難しいお話でした。個人的な感想ですが、前回よりも今回の方が楽しく観ることができました。
  • 面白かった。作品的にも団体的にも、まだまだな部分があったが、それは大きな伸び白であり、これからどうなっていくのか見届けたいと思った。応援してます。これからも上なのか、横なのか、目指す場所目指して進んでいってください。
  • 何回も同じシーン、台詞が繰り返されるが状況が「分かる前」と「分かった後」では、同じ台詞も違って聞こえ、同じシーンも見え方が変わるのが面白かった。國吉さんの脚本は面白いです!最初は宇宙人ってなんだあ?と思っていたけど、ラストに近づくにつれてこの宇宙人の存在がすごく良いと思った。
  • 作品をしっかりさせるという芯を感じる公演でした。Aにも見る側が息を呑むような展開がありましたが、Bの見る側のコントロールの仕方にも舌を巻きました。どちらも作品も見終わってしたたかさを感じる何かがある舞台。楽しませていただきました。

 

1/28(土) 18:00-

アンケート回収率 57%

 

今回の企画をどう思ったか、気になったこと、作品の感想などご自由にお書きください。

 

  • 今年還暦の私も死ぬことより、自分が自分でなくなることを恐れている。老いることは難しいなあ。

  • 2つの脚本・演出が興味あったので見に行ったが小さい会場でこんな面白い公演があると何度も足を運びたくなる。
  • 若者と年齢と老いとのことが面白かったです。前を見て生きていくことに感動しました。

  • 恋愛系かと思いきや、不思議なミステリー系で読めないところが面白いです。
  • コメディかと思ったら、SFミステリー物でした。脚本、演出を交換して2本公演するのはとても面白い企画だと思います。

 

  • 上手く言えませんが「若さ」というのが大切ではない、流れる時、その時が前に進んでいるから意味があり、価値があるのだと感じました。こういったものに初めて足を運ばせていただいたのですが、大変面白かったです。これからも機会をみつけて足が運びたいと思います。ありがとうございました。
  • ずっと若いままで居たいとよく思うことがありましたが、普通に年をとって、あるがまま生きていける方が幸せだなと感じました。新たな視点をいただきました。毎日、少しずつ、大切に年をとって生きていきたいと思うことができました。
  • おもしろかったです。身近な様でどうにも理解が深くできない病が何となく近づいてきたような気がします。ミスリードをしながら段々と伏線が回収されていくのが面白い反面とても切なかったです。毛田丸さんがツボでした。お疲れ様でした。
  • 十条遠かったですが来てよかったです。ラスト「あの!」で止めてたのがよかったです。これからも「あの!」で止まる様な作品を作ってください。

  • 直線的と考えられている時間が、人の記憶の問題と絡むと途端にその時系列を狂わせはじめる不思議について、多くのアーティスト、作家が認識を表明していると思いますが、本作はその中でもとくにエモーショナルで、直截的に視覚化されたもののように思え、驚きました。演劇的な部分を上手くつかっていてすごくおもしろかったです。
  • 身につまされる内容でした。お芝居のテーマがあの様なことなので、ある程度はしかたない所はありがますが、繰り返される場面が多く、その繰り返す意図が観客に伝わりきらない感があるように思った。

  • いい感じのモヤモヤが残る作品で、個人的に好きな作風でした。役者さんも個性が出ていて、とてもよかったです。笑いあり、考えさせられる部分ありで、90分があっという間でした。次回公演を楽しみにしています。

 

1/29(日) 13:00-

アンケート回収率 30%

 

今回の企画をどう思ったか、気になったこと、作品の感想などご自由にお書きください。

 

  • おもしろかったです。意外な展開でした。最後までひきこまれました。これからのやまだのむらも楽しみです。
  • 村興し公演おめでとうございます!先の展開が全然読めなくて面白かったです!毛田丸さんがすごく面白かった!
  • 朗読劇。脚本がおもしろい。役者もいい。声の張り方もちょうどよく聞けた。手塚けだまさん最高!
  • 地味な地方の村おこし企画がまさかの展開でした。今の日本が地方の村おこしに必死になっているのとリンクしてるのもあって、未来の日本にあるかもしれない話のように感じられました。
  • 朗読劇、今日2回目見ました。2回目は、台詞のひとつひとつ、場面の一つ一つが全然違った意味をもち、より楽しめて、2回見れて本当によかったと思いました。野村亮太さんの声、とてもステキでずっと聴いていたいです。

 

  • 旗揚げ公演おめでとうございます。Bチーム2回見させていただきました。見る年代によって感じ方は違うと思いますが、自分がわからなくなっていくという感覚は想像するだけで、怖いと思います。台詞の一つ一つが身にしみるお話でした。ありがとうございました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    かずき (土曜日, 21 1月 2017 21:40)

    本日A・Bとも観させて頂きました
    とても面白かったです!
    2つ観なきゃ意味がないって言ったら乱暴ですが
    やさしく言えば勿体ない
    魅力的な演者さん達でした
    脚本も演出もとても素敵でした
    ネタばれになるので書けませんが
    とても楽しい1日になりました
    次回公演楽しみにしております

  • #2

    野村亮太 (土曜日, 21 1月 2017 21:59)

    ご来場、コメントありがとうございます!そう言っていただけるととても励みになります。
    次回公演も楽しんでいただけるよう頑張ります。
    まずは残り公演もっと良くできるよう、頑張ってまいります!
    今後とも、よろしくお願いいたします。